点検ソリューション〜作業効率UP・点検中の事故率DOWN〜

近年、老朽化した橋梁やダム、トンネルなどの社会インフラが急増しており、それに伴い、これらのインフラを維持管理する費用が増加しつつあり、少子高齢化による人材の不足も懸念されています。また、人が簡単に立ち入れない所や、足場を組まなければいけない所を点検する際、今までは点検者の身に危険が及んでいましたが、ドローンの登場によって、点検者の安全確保が可能となりました。また、広範囲の点検箇所を目視する際に、少人数で移動せずに作業できるため、目視点検の省力化を図れるようになりました。さらに、機体の安定性が以前にも増し、点検に使用するカメラの性能も飛躍的に進化したことで、より安全な点検作業が可能となりました。

近年、老朽化した橋梁やダム、トンネルなどの社会インフラが急増しており、それに伴い、これらのインフラを維持管理する費用が増加しつつあり、少子高齢化による人材の不足も懸念されています。また、人が簡単に立ち入れない所や、足場を組まなければいけない所を点検する際、今までは点検者の身に危険が及んでいましたが、ドローンの登場によって、点検者の安全確保が可能となりました。また、広範囲の点検箇所を目視する際に、少人数で移動せずに作業できるため、目視点検の省力化を図れるようになりました。さらに、機体の安定性が以前にも増し、点検に使用するカメラの性能も飛躍的に進化したことで、より安全な点検作業が可能となりました。

<発電・送電施設点検への活用>

風力発電施設や、広範囲のソーラーパネルを標準のカメラで撮影することになると、高解像度のカメラであっても、なるべく施設に近づく必要があるため、時間と手間がかかります。その場合は、ドローンに望遠カメラや赤外線カメラを装着することをおすすめします。この場合、右の画像の様に、望遠レンズで近寄らずに外装の点検をしたり、複数のソーラーパネルを一度に目視でき、各ソーラーパネルの温度状況が把握できます。ホットスポットといった異常が起きている部分も一目瞭然です。

<構造物点検への活用>

経年劣化で腐食しているボルトをそのままにしておくと、重大な事故に繋がってしまうことがあります。通常であれば、はしご車を用意して下から点検することや、建物の屋上からロープを使って下りながら点検を行いますが、前者は交通整理が必要で、後者は作業者の危険を伴います。ドローンを飛行させることで、スムーズに素早く点検を行うことができます。また、機種によっては、ズームが可能なカメラを搭載することができるため、狭いスペースの撮影や危険を伴う撮影の場合、離れた所から撮影することができます。

<屋根・外壁点検への活用>

一般住宅の点検業務に産業用小型ドローンが活用できます。

全方位にセンサーが付いているので、狭い敷地や隣接住居の多い一般住宅の点検作業に適しております。ズーム機能を活用する事で安全な高度から現状を映像で確認できるため、お客様にも納得していただけます。

ハシゴや高所作業車など用意する必要もなく、安全にかつ効率的に点検業務を行う事ができます。

赤外線カメラを搭載している機体を使用する事で、外壁やソーラーパネルの点検も可能です。

​お問い合わせはドローンショップ盛岡まで TEL:019-601-3337