OSMO POCKET

​価格44,900円(税込)

同梱物

●OSMO POKET×1  ●カバー×1  ●スマートフォンアダプター(USB-C)×1​ ●スマートフォンアダプター(Lightning)×1

​●電源ケーブル×1  ※Osmo PocketにCDカードは同梱されておりません。別途ご購入ください。

一生に一度の大切な瞬間は、綺麗な映像で残したいもの。DJI史上最小の3軸スタビライザーを搭載し、高性能でコンパクトなOsmo Pocketは、すべてのシーンを輝く瞬間として記録する手持ちカメラです。すぐに取り出せるので、いつでもどこでも、その瞬間を逃しません。

驚くほど小さいのにとってもスムーズ

Osmo Pocketは、手持ちタイプでDJI史上最も小さい3軸メカニカルジンバルです。あなたの動きをリアルタイムで調整するので、美しい夕日の情景や子供がはじめて歩いたときの感動を、まるで映画のようなスムーズな映像で残せます。

起動も素早く思い立ったら撮影可能

​起動ボタンを押して5秒で立ち上がりますので、洋服のポケットやカバンの隅に入れておくと、撮影したい瞬間を逃しません。

​軽くてコンパクトなのに最大140分の連続撮影もできます。

​こんな方におすすめ

●小さいお子様のいるご家庭 ●ペットを飼われているご家庭 ●SNS投稿を行なっている方 ●自撮り画像を撮られる方

使い方は人それぞれですが、スマホでの撮影は撮影中に電話がかかって来た時に困る!一眼レフはかさ張る!ハンディーカムはブレてしまう。そういったお悩みをお持ちの方は一度お試しいただきたい商品です​。

​最高の瞬間を逃したくない方へ

お子様の成長は早く、この瞬間を撮影できるのは今だけです。

小さなお子様に着いて歩きながら、その表情の移り変わりを撮影するにはOSMO POKETは最適です。

ハンディーカムをお使いの方が多いかと思われますが、子供の動きに合わせてカメラマンも動くとブレが酷くなり、ズームで動きを追いかけた映像はカメラの振りが大きく、見ている人が酔ってしまいます。

3軸ジンバルによるブレの無い映像、フォローモードの滑らかな映像は、お子様が大きくなってから結婚式などで使う事もできます。

​癒しのひとときをいつまでも

​子供を撮る時と同様にOSMO POKETは、不意な行動をとる事の多いペットを撮影するのにも最適のアイテムです。

動物目線で撮影するのに一般的なカメラだと腰を曲げての撮影が多くなりますが、OSMO POKETには『自撮り棒』と言われている専用のロッドがあります。Bluetoothでスマホ画面と接続すれば楽な姿勢で動物目線の映像が楽しめます。

水遊びの時には発売予定の防水ケースを使うと濡れても安心して使う事ができます。その他、アクセサリーマウントを使えばリードに装着する事も可能です。

​SNS投稿、自撮りを多く使用している

OSMO POKETにはフェイストラッキングという自動で撮影対象をカメラが追いかけるという機能があります。

また、美顏効果という機能もあり、美肌写真を簡単に撮ることができます。

STORYモード撮影では美肌だけではなく、シェイプ、瞳を拡大、などの設定をした上で、プロモーションビデオのようなカメラワークを自動で行うことができます。

​自動で編集を行なってくれるため、パソコンが苦手な方にもオススメの一台です。

​実証実験動画

実際どのくらいブレないのか?どんな環境で使えるのか?本当に使えるのか?など色々な疑問が残っているかと思います。

弊社で実際に色々な環境で撮影している様子をUPして行きますのでご参考までにご確認ください。

​機能テスト撮影①(3軸ジンバル)

​OSMO POKET

【固定モード、低速フォロー、オートフォーカス】設定にて撮影

​S社製 HANDYCAM 

【手ブレ補正、お任せオート撮影】設定にて撮影

レンズ性能やデジタル補正による色合いの好み等はあるかと思いますが、今回は単純に手ブレ補正の機能を比較してみました。坂道、階段、アーチ橋、舗装路、土、芝生、刻々と変わる撮影環境。急に足を取られるような状況にあってもOSMO POKETの3軸ジンバルは衝撃を吸収し、滑らかな映像を記録することができました。

​機能テスト撮影②(モーションラプス)

カメラをその場に固定して定点撮影を行うタイムラプス撮影と自分の行動を圧縮したような映像を作るモーションラプスの撮影が可能。

​機能テスト撮影③(環境適応)

寒冷地、凍結山道、といった過酷な撮影環境において普通に街中で撮影するような動画が撮れるのか?少し厳しい実験をしてまいりました。

気温3度、足元は凍結斜面のため非常に滑りやすく撮影しながら歩けるような状況ではなかったのですが、フォローモード設定で容易に撮影できました。

​リュックの肩紐などに固定すれば両手がフリーになるので、登山にも挑戦できそうです。

​機能テスト撮影④(180°パノラマ写真)

目の前に広がる雄大な景色をそのまま切り取るパノラマ写真。osmo poketは180°パノラマと3×3パノラマを撮る事が可能。

​機能テスト撮影⑤(STORY)

専用アプリ『DJI Mimo』からの操作でのみ撮影可能な機能がSTORY撮影。

10種類のSTORYが用意されており、選択するとカメラワークや音楽、編集までオートで行なってくれる便利機能。PCに不慣れだけど楽しい映像を作りたいという方にオススメ。

​プロモーションビデオのような映像が簡単に作れるこの機能はSNSをやっている方には是非とも試していただきたい。

​専用アクセサリー

●充電ケース ◉ワイヤレスモジュール ◉コントローラーホイール ●クイックリリースベース ●NDフィルターセット

●3.5mmアダプター ●スマートフォンアダプター ●防水ケース ●カバー ●延長ロッド ◉アクセサリーマウント

 ※上記ラインナップの一部商品(◉印)に32GBSDカードをセットにしたアクセサリーキットがございます。

​比較検討

edit-with-mimo1-1-800x459.png

​OSMO POKET /OSMO MOBILE2

DJI社は2018年に​2つのハンドヘルドジンバルを発表しました。どちらも、日常のごく当たり前の瞬間から映画のような冒険の場面を生みだせるデバイスですが、大きな違いがあります。ご自分に合っているのがどちらか決めていただけるように、この2製品を比較し、主な機能をご紹介しようと思います。

​←クリックして比較ページをご覧ください。

​プロによるレビュー

DE1FBB0A-0365-4CB8-91E2-855B714324CB-800

​プロカメラマン:石野千尋

1983年生まれ。東京工芸大学芸術学部卒業後、渡英。Central Saint Martins, London Collage of communicationを卒業。在学中より仕事を始め、色と光を大切に、世界中を飛びまわりながら日々写真を撮り続けている。

​←クリックしてレビューページをご覧ください。

​商品に関するお問い合わせ

​ドローンショップ盛岡にて現在取り扱い中。

ご興味のある方は是非ご連絡ください。

​店舗にて体験使用もできます。お気軽にお問い合わせください。

​お問い合わせはドローンショップ盛岡まで TEL:019-601-3337