高品質のイメージング技術、使いやすく高度な飛行性能、スマート機能と安全技術を兼ね備えた、オールラウンドタイプのドローンMavic Air 2

​Mavic Air 2 

【飛行時間・写真解像度・伝送距離】大幅拡大

Mavic Air 2は570gのコンパクトボディながら、飛行時間34分(旧Mavic Airは21分)と大幅アップ。

また、カメラ性能も格段に進化しており、静止画の有効画素数は最大48MPの超高解像度を実現。(Mavic 2 Proが20MP)

​伝送距離も最大6kmまで拡張されたこともあり、長時間の空撮を電波が途切れることなく行うことが可能になりました。

​イメージング性能

 Mavic Air 2は、持ち運びやすい折りたたみ式で、これまでよりも迅速にコンテンツの撮影が行える。4Kビデオを最大60fps、かつ120Mbpsで撮影できるMavicシリーズ初のドローンで、HDR動画(※1)、1,080p/120fpsの4倍スローモーションや、1,080p/240fpsの8倍スローモーションといった、独自のコンテンツを撮影できる。また、12MP写真(※2)だけでなく、高解像度48MP写真の撮影が可能。3軸モーター搭載ジンバルによりカメラのブレを補正し、スムーズで安定した撮影を行える。クアッドベイヤー配列を採用した1/2インチセンサーにより、様々な撮影モードを利用して創造性の高い映像を作成できる。新機能のスマートフォトは、高度なシーン分析とディープラーニングを使用して12MP写真を記録し、3つの撮影オプションから最適なものを自動的に選択する。

・ HDR写真   :露出の異なる7つの写真を自動で撮影し、それらを合成する。

・ ハイパーライト :低照度環境での撮影向けに設計されており、写真を複数撮影し、それらを合成して光量の少なさから通常発生するノイズを低減させ、鮮明な画像を作成する。

・ シーン認識   :夕焼け/青空/草地/雪/森林の5つのシーンカテゴリーを認識し、設定を最適化して色彩やディテール、色調を調整する。

※1 HDR動画は最大動画解像度4K/30fps
※2 12MP写真撮影では、高度処理とピクセルビニングを使用

​飛行性能

 Mavic Air 2は、ドローンの基本飛行性能を完全に再構築している。水の入った500mlペットボトルと同程度の570gの重量に、新しいモーターと電子速度コントローラー(ESC)、強化されたバッテリー技術を搭載。航空力学に基づいた設計で、最大34分の飛行時間を実現している。DJIの独自技術OcuSync 2.0伝送技術がさらにアップグレードされ、安定したHD動画の伝送をドローンから最長10km(※3)(日本国内では最長6km)まで実現している。OcuSync 2.0は、2.4GHzと5.8GHzの両周波数帯に対応し(日本は2.4GHzのみ)、自動切り替え機能で信号強度に応じて周波数を切り替える。また、干渉防止技術により、望ましくない信号をブロックし、ビデオフィードにノイズが入らないようにする。

※3 Mavic Air 2の伝送システムの範囲は最長10km(障害物や電波干渉がなく、FCC準拠の場合。日本国内では最大6km)。 最大飛行距離の仕様は、無線の接続強度とレジリエンス(復元力)を踏まえた概測になる。特に許可されていない限り、ドローンは常に目視内で飛行を。また、ドローンを飛行させる現地の法律や規制を確認すること。

​ドローンの安全性に対する新基準

 Mavic Air 2は、新たな安全機能を備え、可能な限り飛行安全性を高めている。前方後方に配置された障害物センサーにより、ドローンが障害物に近づくと警告を発する。また、衝突を回避するため、ドローンがそれ以上障害物に接近しないように設定することもできる。さらに、機体下部に配置されたセンサーと補助ライトにより、低照度環境におけるスムーズな自動着陸などの機能をアシストする。加えて、離発着の多い空港などリスクの最も高い場所にドローンが入らないようにするため、GEOジオフェンスも装備されている

​Mavic Air 2による映像

日本の美しさを感じられる旅行や帰省を控えている現状を踏まえ、「より多くの人に、雄大な自然、魅力的な景観が多い日本の美しさを、もう1度思い出してほしい」そんな想いを込め、DJI JAPANは、Mavic Air 2で撮影した「日本各地の美しい景色」の動画・写真を紹介する特設サイトを公開しました。それぞれの地方にゆかりのあるクリエイターに“おうちでソラタビ”をテーマとして撮影頂きました。普段、地上からは知ることの出来ない、空撮ならではの「視点」を体感ください。

ここ匹見という町は過疎と言う言葉が生まれた地で、人口約1,050人からなる町です。それでも一生懸命田畑を耕し、米を作る情景に心を惹かれ撮影しました。

また、都会とはかけ離れた大自然を僕たちは残していかないといけないという気持ちに駆られ、映像に残し後世に残したいと思いました。

映像を通して少しでも癒しを与えられるお手伝いが出来ればと考え、今回は沖縄の海をメインに制作。「開放感と爽快感」をコンセプトに、爽やかな海空、広がる木々など、自然のエネルギーを存分に感じてほしいです。沖縄の夏はこれからが本番。事態が終息したら、是非この景色を生で見に来てください。

​商品に関するお問い合わせ

​ドローンショップ盛岡にて現在取り扱い中。

ご興味のある方は是非ご連絡ください。

​店舗にて体験使用もできます。お気軽にお問い合わせください。