映像ソリューション〜高精細な空撮映像が身近なものに〜

ドローンの出現によって、これまで撮影不可能だった場所やアングルが可能となり、映画・映像のクリエイティブは大きく進化した。観光PR動画動画が多くメディアに取り上げられている中で、各地域とも魅力のあるPR動画を作り上げようと色々と工夫しております。中でも低コストでハイクオリティーのPR動画が作れるとドローンを活用した動画が注目をおつめております。

サンプル動画の「あの日、桜に残した声を訪ねて」は、プロデューサー、ディレクター、パイロットの3名で撮影を行ったとのこと。桜の満開日を狙い、2時間という限られた時間の中での撮影でした。桜の美しさを引き出す、ドローンらしい表現についてプロデュ

ーサーの熊田さんは「地平線が抜ける引きの画がとれるところ」を挙げました。下から上、後ろから前へ、という動きがスムーずに撮れるドローンなら、奥行きのある映像が作れるのです。また、満開の桜並木を高度を定めてブレずにいかに真っ直ぐ平行に飛ばすかに集中することで、流れがあり、抜け感のある景色を美しく撮ることができると教えていただきました。また、撮影には大小2台のドローンを使い分け、操作のしやすい小型タイプと、風に強い大型のものを、撮りたいものや、周囲の気候条件を確認しながら最適なドローンを選定することも重要なポイントなのだそうです。

ドローン×町おこしが大人気

各市町村では移住定住人口の増加につなげるため、「シティプロモーション戦略プラン」の一部にドローンの映像活用があり、
町の名所や、風景などをドローンで空撮し、陸上では見ることができない絶景で惹きつけます。徳島県那賀町の「ナカ町おこしドローンラボ」や埼玉県行田市の「田んぼアート」など、様々な町がドローン×町おこしとしてドローンを活用しております。

現在、市町村によっては、防災用や各種調査・観測の目的で導入したドローンを活用し、町おこしにも利用されております。

このように、高額な外部委託をせずとも練習を兼ねて撮影素材を取り貯めることができるのは、低予算で行う町おこしPRには非常に頼もしいツールとなっている。

【旅館PR事例】ドローン空撮で制作された絶景PR映像4つを紹介

市町村のみではなく、旅館やホテル・リゾートが「ドローン空撮」を用いてPV映像を作成し話題になっています。

ドローンを用いることで、旅館やその周辺の温泉街・自然をまとめて撮影することが出来ます。その映像の魅力をご確認ください。

日本で最も有名な温泉街の1つ、箱根。箱根温泉が知られるようになったのは、豊臣秀吉の小田原征伐がきっかけと言われています。

日本三古湯の1つ、有馬温泉。地上からの動画撮影と空撮映像を組み合わせることで、本格的なPR映像が作成できます。

2016年度、G7サミットが開催された三重県の伊勢志摩でのPV映像です。広大な自然に囲まれたこのような宿泊施設も、空から撮影することでその迫力を伝えることが出来ます。

長野県の蓼科 横谷峡温泉。四方の山々の迫力も、ドローンであれば効果的に伝えられます。

​お問い合わせはドローンショップ盛岡まで TEL:019-601-3337