調査ソリューション〜現況把握の最適化〜

従来であれば、トータルステーションやGNSS測量機器を用いて、現地の地形・地物を測定し、地形図(地図)をデータ化(CAD図面)していました。時には、紙や書類といった2次元の平面図や設計図に起こして、工事を進めていました。さらに施工後には、膨大な書類をもとに、設計どおりに仕上がっているか検査が行う事もありました。あるいは、セスナなどを使い、空を飛んで航空写真測量を行っていました。

ドローン測量の最大のメリットは、従来の測量に比べて、測定やデータ収集にかかる時間と費用を大幅に削減できる点です。従来であれば、トータルステーションやGNSS測量機器を用いて、現地の地形・地物を測定し、地形図(地図)をデータ化(CAD図面)していました。時には、紙や書類といった2次元の平面図や設計図に起こして、工事を進めていました。さらに施工後には、膨大な書類をもとに、設計どおりに仕上がっているか検査が行う事もありました。あるいは、セスナなどを使い、空を飛んで航空写真測量を行っていました。ドローン測量の最大のメリットは、従来の測量に比べて、測定やデータ収集にかかる時間と費用を大幅に削減できる点です。地上でトータルステーションやGNSS測量機器を用いて地上で地道に測量するのと比較するとかなり時間をかけずに済みますし、セスナ等の航空機を飛ばして測量をやるのには非常に高額なコストがかかります。そういった今まで解消できていなかった負を解消できるのがドローンを用いた測量です。

例えば造成工事の場合、規模が拡大するに従って、工事の進捗管理のための現地形の測量と、それによる土量の算出を行う必要性が高まります。従来は光波測量器を用いた測量が行われ、測量・図面化・計算の一連の作業に膨大な人手と時間を割かなければならないという課題がありました。ドローン測量の効果はデータ収集の効率化にとどまらず、工期を短縮する手段としても期待を集めています。

自動飛行システムを使用することでもっと効率的に!もっと安全に!

​自動飛行制御システム:GS PRO紹介映像

DJI GS PROでは、離発着や飛行ルート設定が自動化され、標定点(GCP)は不要となり、3Dデータが直ちに生成され、建設現場全体が3D化できます。これは建設現場に革命をもたらします。また、精密マッピングに必要とされる精度に対応しています。バーチャルフェンス機能により、指定区域内で機体の最大高度と最大速度を設定することで、安全性と使いやすさが向上しています。これらの機能を使うことで、空撮、建設業、精密農業、エネルギー産業、捜索・救助、安全管理など多様な産業用途での効率を飛躍的に高めます。無線接続の状態や場所に関わらず、ドローンが収集した画像を高精度な3Dモデルに処理できるソフトウェアで、これまで手間と時間のかかっていた現況測量を簡単かつ高速に行うことができ、測量データを日々の進捗管理に利用できます。ドローンで一気に施工現場全体のデータを取得することで、一括管理することが出来ます。

​事故現場の視覚化の実現する!

損保ジャパン日本興亜はDJI 「Inspire 1」を事故現場で飛ばし、上空から静止画や動画の撮影を行うことで、事故現場を3次元モデリング化し、道路の傾きや幅員を含む事故現場の全体像を正確に捉えることが可能となりました。

点検ソリューション〜作業効率UP・点検中の事故率DOWN〜

近年、老朽化した橋梁やダム、トンネルなどの社会インフラが急増しており、それに伴い、これらのインフラを維持管理する費用が増加しつつあり、少子高齢化による人材の不足も懸念されています。また、人が簡単に立ち入れない所や、足場を組まなければいけない所を点検する際、今までは点検者の身に危険が及んでいましたが、ドローンの登場によって、点検者の安全確保が可能となりました。また、広範囲の点検箇所を目視する際に、少人数で移動せずに作業できるため、目視点検の省力化を図れるようになりました。さらに、機体の安定性が以前にも増し、点検に使用するカメラの性能も飛躍的に進化したことで、より安全な点検作業が可能となりました。

近年、老朽化した橋梁やダム、トンネルなどの社会インフラが急増しており、それに伴い、これらのインフラを維持管理する費用が増加しつつあり、少子高齢化による人材の不足も懸念されています。また、人が簡単に立ち入れない所や、足場を組まなければいけない所を点検する際、今までは点検者の身に危険が及んでいましたが、ドローンの登場によって、点検者の安全確保が可能となりました。また、広範囲の点検箇所を目視する際に、少人数で移動せずに作業できるため、目視点検の省力化を図れるようになりました。さらに、機体の安定性が以前にも増し、点検に使用するカメラの性能も飛躍的に進化したことで、より安全な点検作業が可能となりました。

<発電・送電施設点検への活用>

風力発電施設や、広範囲のソーラーパネルを標準のカメラで撮影することになると、高解像度のカメラであっても、なるべく施設に近づく必要があるため、時間と手間がかかります。その場合は、ドローンに望遠カメラや赤外線カメラを装着することをおすすめします。この場合、右の画像の様に、望遠レンズで近寄らずに外装の点検をしたり、複数のソーラーパネルを一度に目視でき、各ソーラーパネルの温度状況が把握できます。ホットスポットといった異常が起きている部分も一目瞭然です。

<構造物点検への活用>

経年劣化で腐食しているボルトをそのままにしておくと、重大な事故に繋がってしまうことがあります。通常であれば、はしご車を用意して下から点検することや、建物の屋上からロープを使って下りながら点検を行いますが、前者は交通整理が必要で、後者は作業者の危険を伴います。ドローンを飛行させることで、スムーズに素早く点検を行うことができます。また、機種によっては、ズームが可能なカメラを搭載することができるため、狭いスペースの撮影や危険を伴う撮影の場合、離れた所から撮影することができます。

<屋根・外壁点検への活用>

一般住宅の点検業務に産業用小型ドローンが活用できます。

全方位にセンサーが付いているので、狭い敷地や隣接住居の多い一般住宅の点検作業に適しております。ズーム機能を活用する事で安全な高度から現状を映像で確認できるため、お客様にも納得していただけます。

ハシゴや高所作業車など用意する必要もなく、安全にかつ効率的に点検業務を行う事ができます。

赤外線カメラを搭載している機体を使用する事で、外壁やソーラーパネルの点検も可能です。